競争原理が起きています|賃貸管理で悩んでいるならプロに任せよう!

賃貸管理で悩んでいるならプロに任せよう!

積み木

競争原理が起きています

つみき

経営方針が変わっています

不動産投資がかなり盛り上がってきます。この背景には景気の回復と共に、不動産会社の経営方針の変化があります。以前、不動産会社は売買を主体とした事業を行ってきました。これは、1回の売買をすれば、最大3%プラス6万円の手数料が収益となったからです。例えば1億円の不動産売買をすれば、306万円が収益となります。そのため、より大きな不動産を求めて売買を繰り返していました。また、不動産を買った人にすぐに売るようにも進めていました。しかし、最近の不動産会社は売買に頼らない経営を行うようになっています。売買の代わりに力を入れている分野が不動産管理です。不動産を売却した後の管理を受託して手数料を積み上げているのです。

管理競争が起きています

不動産管理は月々の管理料が収益となります。1戸当たりの管理料は数千円とわずかなものですが、管理戸数を積み上げれば、かなりの収益となります。しかも、一度、不動産管理の契約を結べば、解約されない限り収益が上がり続けます。このため、最近の不動産会社は、規模が小さくてもより多くの件数を確保しようと営業しているのです。ここに、個人での不動産投資が見事にマッチしました。不動産投資家に投資マンションを販売し、そのまま管理を受託することで安定収益を確保しています。管理を獲得しようと一生懸命に投資マンションを販売しているということです。不動産投資家からみれば、管理のサービス競争が起きていると言えるので、比較検討して、より良い不動産管理会社を見つけてみましょう。