新しい保証人のシステム|賃貸管理で悩んでいるならプロに任せよう!

賃貸管理で悩んでいるならプロに任せよう!

積み木

新しい保証人のシステム

集合住宅模型

滞納家賃のトラブルも解消

マンションの賃貸経営をする場合、不動産屋に仲介してもらって入居者を確保します。入居者なら誰でもいいというわけではなく、身元がしっかりしており安定した収入があることが条件になります。そのために必要なのが保証人です。しかし最近は保証人を立てられない人が増えています。そこで導入されたのが家賃保証会社が入居者の保証をするというシステムです。マンションオーナーの多くが家賃保証会社と提携しています。従来の保証人の場合、家賃滞納の支払を催促してもトラブルになることが多いのです。しかし家賃保証会社の場合はすぐに滞納分の家賃を支払ってくれます。その代わり家賃保証会社は滞納した入居者へ厳しく取り立てをします。家賃に関するトラブル防止になるので、家賃保証会社と提携するオーナーが増えているのです。

保証内容の範囲を確認する

家賃保証会社と契約を結ぶ時に気をつけたいのは、保証内容の範囲です。滞納や未払いの家賃だけの保証なのか、入居者が退去する時に置いていった残置物の処理費用も保証するのかを確認する必要があります。また明け渡しに関するトラブルで訴訟になった場合、その費用や対応なども保証の範囲に含まれるかどうかも大事なことです。このような家賃保証会社と提携すると便利ですが、そのための費用を支払います。保証会社によって違いますが、家賃の30パーセント程度が一般的です。その分家賃の収益率が下がることを知っておくべきです。収益率が低すぎる場合は、もっと費用の安い保証会社を探す必要があります。また家賃保証会社が倒産するリスクもあるので、安定した事業運営をしているかどうかチェックすることも大事です。